放射線部門

部門の紹介

写真:MRI

放射線部門では、他職種と連携を取りながら、各種の画像検査を行っています。

当院には、一般撮影装置(レントゲン)・MRI・CTなどがあります。

待ち時間が短くなるよう予約制で運用していますが、緊急検査にも対応してい ます。


スタッフ紹介

診療放射線技師:笠原 礼子
所持資格
診療放射線技師
職歴
平成7年4月~
ひと言
放射線科のイメージは、機械が大きくて圧迫感がある、検査室が暗い、放射線というだけで何となく怖いなど、あるのではないでしょうか?
しかし、病院において画像検査ができないということは、病気の診断ができない、治療へと進めない、病院として成り立たないということだと、私は考えております。そのため、放射線部門は病院にとって重要な部門であると自負して業務しております。
患者様には、放射線画像検査の必要性を少しでも理解し、安心して検査を受けて頂けたら幸いです。
診療放射線技師:笠原 礼子
診療放射線技師:永瀬 朝子
所持資格
診療放射線技師
職歴
平成14年7月~
ひと言
安全で、安心して検査を受けられる環境づくりを心がけています。検査の疑問や不安な点がございましたら、お気軽に声をかけてください。
診療放射線技師:永瀬 朝子
診療放射線技師:田中 三季
所持資格
診療放射線技師
職歴
平成17年12月~
ひと言
患者様が安心できるような検査・撮影を心がけています。診断に役立つ画像を提供できるように頑張ります。
診療放射線技師:田中 三季
診療放射線技師:二若 昂希
所持資格
診療放射線技師
職歴
平成26年4月~
ひと言
一人の医療従事者として患者様が安心して検査を受けられるように日々努力していきたいと思います。
診療放射線技師:二若 昂希

設備紹介

CT (Computed Tomography)
CT (Computed Tomography) 人体にX線を360度方向から照射し、そのデータをコンピューターで計算し体を輪切りにした像を構成するものです。画像処理を行うことで3D画像を作ることもできます。
MRI (Magnetic Resonance Imaging)
MRI (Magnetic Resonance Imaging) 強力な磁石と電波を用いて体の任意の断面を撮像します。
軟部組織の描出性に優れる点や放射線被ばくがないなどの特徴があります。
一般撮影装置
一般撮影装置X線にて胸部や腹部、全身の骨などを撮影します。
CR (Computed Radiography)を使用したデジタル撮影では、フィルムを使った方法よりも少ないX線量で撮影ができるので、被ばく線量の低減も可能になります。
骨密度測定装置
骨密度測定装置 骨粗鬆症などの診断のために、骨の密度を測る検査です。
X線透視装置
X線透視装置主に胃や大腸の透視像を見ながら撮影します。
嚥下造影検査(VF)も行っています。
外科用X線テレビ装置
外科用X線テレビ装置 主に整形手術で使用します。
回診用X線撮影装置
回診用X線撮影装置 手術室や病室で簡易的にX線撮影できる装置です。
歯科用パノラマX線撮影装置
歯科用パノラマX線撮影装置 歯や顎の骨を一枚の写真の中に撮影することができる画像検査です。
PACS (画像保存通信システム)
PACS (画像保存通信システム)どの診察室からでも画像の参照ができます。
また、画像診断用の高精細モニタも設置され、画像の読影に利用されています。