メンズヘルス外来

ご存知ですか。男性にも更年期障害があります

LOH症候群(男性更年期障害)とは

「全身の疲労感や意欲の減退、ED(勃起障害)など、これまで〝年齢のせい〟と片付けられてきた中高年男性に特有の心身の悩みが、近年「加齢男性性腺機能低下症候群:LOH(late-onset hypogonadism)症候群)」と呼ばれ、注目を集めています。

男性ホルモンは20歳代にピークを迎えてから徐々に低下していき、加齢とともに症状が現われます。

男性ホルモンは一般には第二次性徴を促す物質として知られますが、成人以降も、筋肉や骨の形成や、造血機能や性機能、脂質代謝など、全身のさまざまな生理的な活性を促す働きがあります。また、精神面においても積極性を高める作用があるともいわれています。一般的に男性ホルモン量が高いのは、創造的な仕事、生き方をしている人たちで、60歳や70歳で高い人もいます。またストレスをため込みやすくハメを外すことが苦手な人たちは男性ホルモンが低いといわれています。

LOH症候群は身体的には全身の疲労感や倦怠感、性欲低下、ED(勃起障害)、不眠、肩こりなど、精神的には気力の衰え、集中力の低下、イライラ、抑うつなど、症状は多岐にわたります。病院で一般的な検査を行っても特に異常は見つからない、そんな方は 「LOH症候群:男性の更年期障害」の可能性があります。

過剰なストレスが更年期障害の引き金に

人間関係や仕事や家庭での肉体的、精神的ストレスなどがきっかけとなることも少なくありません。歳を重ねるごとに仕事や家庭での責任などが重なり、プレッシャーに苦しむ局面も増えます。年齢とともに男性ホルモンが低下するのはごく自然な経過ですが、それに職場や生活環境の大きなストレスが加わることで、男性ホルモンや全身の生理機能や精神活動に影響を及ぼすと考えられます。几帳面、ストレスをためやすい人は特に注意が必要です。


症状と診断

男性更年期の患者さんは、全身倦怠感、睡眠障害、勃起不全、抑うつなど様々な症状を呈しています。
診断の手助けとして自己問診表(AMSスコアなど)を用います。また、血液検査として、テストステロン、生物活性を持つ遊離型テストステロンの測定や下垂体から分泌される黄体化ホルモン(LH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)などを測定します。

テストステロン補充療法 (ART)

LOH症候群診療の手引きでは、男性ホルモン補充療法の適応として、血中遊離テストステロン値が8.5pg/ml未満の場合としています。本邦で現在、使用可能なテストステロン製剤は、注射剤と軟膏がありますが注射剤による治療が一般的です。

男性ホルモン補充療法の副作用としては、赤血球が増えて血が濃くなる多血症、睡眠時無呼吸症候群の悪化、まれに肝障害などがあります。前立腺癌の場合は男性ホルモンの補充は行えません。しかし男性ホルモン補充療法により前立腺癌の発生が増加したという報告はありません。治療の開始に当たっては前立腺癌の腫瘍マーカーである前立腺特異抗原(PSA)の確認を行い治療の適否を検討します。

LOH症候群とED治療

患者さんが勃起障害を伴う場合、ご希望があればPDE5阻害薬というお薬を処方します。PDE5阻害薬により、勃起機能の改善のみならず、早朝勃起の回復が患者のQOLを回復させ、また、血清テストステロンが上昇することが報告されています。また補中益気湯などの漢方薬が治療に効果的な場合もあります


上記のような症状、性機能(勃起や射精の障害)、また男性不妊や性器についての悩みなどがありましたらお気軽にご相談ください。