耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

耳・鼻・咽頭などの一般耳鼻科疾患を中心に診察しております。
耳鼻咽喉科について 補聴器外来について アルゴンプラズマレーザー治療 睡眠時無呼吸症候群(SAS) スタッフ紹介

アルゴンプラズマレーザー治療


アレルギー性鼻炎・花粉症 でお困り、お悩みの方必見!!

当院では最新のアルゴンプラズマレーザー治療  を行っております。

説明: http://msp.c.yimg.jp/image?q=tbn:ANd9GcTho5xe0QmhdjrI-nOs1lKdks3BBw2Sz1B1kkehDdClG-MUXaOIs5qlqQ:http://www.city.sendai.jp/soumu/kouhou/shisei/old/sis0805/aoba/images/aoba_im_06.gif
  アレルギーの薬を飲むと眠たくなる。服用がめんどう。
  鼻づまりがひどくて点鼻薬(スプレー)が手放せない。

 

  そんな方にはレーザーがおすすめ!!

 

アレルギー性鼻炎は、鼻の中の下鼻甲介(かびこうかい)といわれる粘膜が、花粉やハウスダストなどの抗原にアレルギー反応を起こし大きく腫れあがり、「くしゃみ」・「鼻水」・「鼻づまり」などの症状を起こします。

根治方法はなく、症状を抑える対症療法を行います。主な対症療法として、薬物療法(内服薬・点鼻薬)、手術療法(レーザー治療など)、特異的免疫療法などがあります。

アルゴンプラズマレーザー治療とは

アルゴンプラズマ療法は、アレルギーによって腫れた
下鼻甲介粘膜にアルゴンビームを照射して粘膜を縮小させ、過敏な
粘膜を鈍くする事によりアレルギー症状を起こしにくくさせます。

アルゴンプラズマ療法の効果とメリット・デメリット

アルゴンプラズマの効果

・下鼻甲介が縮小するので、主に鼻づまりが解消されます。(くしゃみ・鼻水も軽減されます)

・粘膜を鈍くするので、アレルギー症状が起こりにくくなります。

・1回の施術で効果は約6カ月~2年持続します。

 

★アルゴンプラズマ治療の流れ★

(1) 診察
(2) 鼻の中に、麻酔薬を含ませたガーゼを40~50分程度入れて、粘膜を麻痺させます
   (注射は使いません) 
(3) 麻酔で無痛状態になった鼻にアルゴンプラズマを照射し、鼻粘膜を焼灼します
(4) 出血がないことを確認して終了

*麻酔も含め、施術に約1時間かかります
 受付終了1時間前には病院におこし下さい

 

 メリット

説明: http://msp.c.yimg.jp/image?q=tbn:ANd9GcSBi1bzLbX7dfIw5487N_uWNw4n3A4UjtBX_6VuUsRNbpmytTyItaTw6Nk:http://www.emin.jp/img/sozai/017.jpg説明: http://msp.c.yimg.jp/image?q=tbn:ANd9GcTxzACsogZ2McAn0N-1bvottE6BRnMfPS9JNX38NSiWkhQQqJpQd-f7tw:http://www.emin.jp/img/sozai/025.jpg ・施術時間が短い!
・日帰り手術OK!(約5分)
・保険適応!
 (3割負担の方で8730円)
 (別途、診察料等必要です)
・痛み、出血もほとんどなし!

 

デメリット

・根治治療ではありません
(効果が弱くなってきたら再施行可能)
・処置の影響により約1週間程度一時的に症状が悪化します
(症状を軽減させるため約2週間分お薬を処方します)
・飲酒や激しい運動は1週間程度控えて下さい
・ペースメーカー使用者や麻酔薬にアレルギーがある方はできません