歯科

歯科

快適に食事ができるように義歯調整、むし歯治療、摂食・嚥下訓練などを行っています。
歯科について VF外来について 設備紹介 スタッフ紹介

VFとは

VF

こんな方はいませんか?

  • 食事中・食後・お茶を飲むとき、むせることがある
  • のどや胸に食べ物が詰まった感じがする
  • 食べ物・飲み物が飲み込みにくい感じがする

食べ物が気管に入っていないかどうか(誤嚥)、安全に飲み込みが出来ているかどうか…について、レントゲンの透視像を利用して評価する検査です。

このような検査をVF(vidoo fluorography):嚥下造影検査といいます。

VF外来とは

当院では院外からの嚥下外来、VF(嚥下造影検査)外来を受け付けています。
VFで見付かった問題点から、食事形態の検討、食事介助・姿勢などのアドバイス、リハビリ指導を行います。
高齢者に多い誤嚥性肺炎を予防することもできます。

VF外来は 毎週水曜日(1時間程度) です。
事前に予約が必要です。

VF外来申し込み用紙兼診療情報提供書にご記入の上
メールまたはファックスにてご連絡ください。
【ダウンロードはこちらから】pdf VF外来申し込み用紙兼診療情報提供書

ご不明な点がございましたら、担当までご連絡ください。
VF外来担当:放射線科 永瀬・田中
TEL:086-526-5511   FAX:086-526-5513   e-mail:radiation@newelder.jp

摂食・嚥下ラウンド

問題を把握し、その点へのリハビリの指導や、食事介助・食材の形態・姿勢などのアドバイスを往診にて行います。変化していく患者様の状態に応じて適切な食材の形態、訓練内容のアドバイスを行っていきます。いつまでも口からおいしく安全に摂食していただけられるように手助けします。
VF外来、摂食・嚥下ラウンドは水曜日隔週に行っています。