予防接種

インフルエンザワクチン

インフルエンザは通常、初冬から春先にかけて毎年流行しますが、ワクチンの接種によって感染しにくくなり、たとえ感染しても症状の重症化を抑えることができます。

接種時期 10月中旬~1月下旬
接種費用 1回目 2,500円
2回目 2,500円(12歳未満のお子様は2回接種が望ましいです)

肺炎球菌ワクチン

肺炎は死亡率第3位を占め、特に75歳以上では肺炎による死亡率は急激に増加します。肺炎球菌ワクチンを接種しておくことで症状が重症化しないと言われています。
倉敷市では、予防接種料金の一部を助成しています。(自己負担額3,000円)

対象者 おおむね65歳以上の方
下記の方は市の補助が受けられます(市より接種券が届いています)
※満65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳になる方
※101歳以上の方            
助成回数 生涯1回
接種費用 おおむね65歳以上の方8,000円
市の補助が受けられる方3,000円

※対象者以外の方でも接種可能です。費用は1回の接種につき8,000円です。

B型肝炎ワクチン

B型肝炎は、B型肝炎ウィルスが血液体液を介して感染し発症します。感染すると、約30%の人が急性肝炎と言って、黄疸、発熱、倦怠感などが見られます。多くは自然に治ってしますのですが、約2%に肝炎が急速に進行し、肝臓が数日で機能しなくなる劇症肝炎があります。劇症肝炎になってしもうと死亡率が70%と重症な肝炎です。

医療従事者の予防および任意接種の場合

1回目接種後、4週間後に2回目の接種を行います。その後、6ヶ月後に追加接種を行います。

接種費用 1回の接種につき3,800円